2018.1.22
ファッション

もう敬遠しなくていい♡ 「太って見えちゃう!」を防止する『白』の着こなし術

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

ベーシックな定番カラーのひとつである「ホワイト」。ブラックと並ぶくらい、選んでおけば間違いのないカラーですが、もこもこしたコーデが増える冬はどうしても膨張して見えてしまうのが心配ですよね。

「着てみたら太って見える……。」そんな事態を防ぐため、太って見えない白の着こなしを覚えておきましょう♪

ざっくりとしたニットは、ウエストインする

ボリュームが出やすいざっくりニットは、ウエストインして上半身をコンパクトに見せましょう。肉感を拾わないプリーツスカートと合わせれば、着膨れとは無縁のコーデに。

バッグを斜め掛けして、目の錯覚を利用する!

インして着ないときは、ショルダーバッグで上半身を“半分”に見せましょう。ショルダー部分のおかげで分断されて見えるので、ボワンと膨張して見えません。
着たときにボリュームを感じたら、ショルダーバッグが頼りになります。

ホワイトのワントーンコーデには引き締めカラーのアウターを

おしゃれに見えるワントーンコーデ。オールホワイトのコーデはかなりおしゃれに見えますが、合わせ方によってはどうしても膨張して見えてしまうもの。
そこで、コーデを引き締めるために暗カラーのアウターをON。縦のラインが強調されるのでスタイルアップに抜群の効果を発揮します。

ストールで小顔に見せてホワイトトップスも抵抗なし♪

ゆったりとしたシルエットのホワイトトップスは、そのまま着るとかなりのボリュームが……。太って見えそうなときは、ストールを巻いてバランスの調整を。
ストールは小顔効果も期待できる冬ならではのアイテムです♡

「太って見えそう」そんな理由でホワイトを敬遠している方の参考になれば幸いです。