2018.5.28
ファッション

知っておきたい、リネンのお手入れ。旬素材・リネンのお洗濯法とは?

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

2018年春夏はリネン素材が大人気! ファストファッションブランドでもリネン素材のアイテムが数多く販売されているので、手に取る機会も多くなっています。

何となくカジュアルな雰囲気があるリネンですが、普通に洗濯機で回してしまうと、シワシワになったりごわついたりして、コットンとの違いにびっくりしてしまうことも!

今回は、リネン初心者向けのお手入れ法をご紹介します♪

脱水でシワを作らないのがリネンのお洗濯ポイント

リネン(麻)は天然繊維の中でも、とても丈夫な素材。強度があるので洗濯機で回してもOKなのですが、問題は脱水の時にできるシワです。

丈夫な天然繊維であるリネンは、いったんシワがつくと伸ばすのがタイヘン。脱水でシワができてしまうと、干す時に伸ばそうと思ってもなかなかきれいになってくれません。

リネンを洗濯機でお手入れする場合は、脱水せずに干すのがベター。水の重さでシワを伸ばす「ぬれ干し」で、乾いた後にシワシワになるのを予防できます。

やさしく手洗い! 最後は脱水しない「ぬれ干し」で

洗濯機よりおすすめなのが手洗いのお手入れ。色ものリネンは色落ちすることもあるので、初洗いの場合は手洗いするのがおすすめです。

リネンは摩擦で毛羽立ちしてしまうので、やさしく押し洗いしましょう。デリケート衣類用中性洗剤で洗った後は、脱水しない「ぬれ干し」で。
それでもシワはある程度残るので、完全に乾く前にアイロンでシワを伸ばすのがおすすめです。

風通しのいい日陰で日焼け予防

リネンは丈夫な素材ですが、太陽に焼けやすい特性があります。日当たりのいい場所より、風がよく通る日陰で乾かすようにしましょう。

素材に速乾性があるので日陰干しでも十分乾かせます。

 

いかがでしたか?

天然繊維ならではのナチュラル感や爽やかさがリネンの魅力。リネン素材の特性をよく踏まえ、おしゃれを楽しみましょう♪