2018.6.21
ファッション

薄着シーズンのマンネリ打破に、”大人の甘すぎないレース使い”が効くんです!

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

薄着になってくると、どうしても着こなしがマンネリしてしまうもの。そこで「甘すぎないレース使い」をマスターして、デイリースタイルを新鮮にアップデートしませんか?
今回は、大人のカジュアルで着こなしたい「レースを使ったコーデ」をピックアップ。今年らしく着こなすポイントも併せて解説します。

ロマンチックなレースブラウスとアーミーパンツは不動の組み合わせ

レース使いがロマンチックなブラウスを、パンツスタイルで着こなすモデルさん。ボヘミアン調のブラウスとカーキ色のアーミーパンツは、流行に関係なく好相性な組み合わせです。今年顔にまとめるなら、ワイドパンツやハイウエストのデザインをチョイスするテクニックがおすすめです。

首元から覗く”チラ見せ”レースは清潔感がカギ

首ぐりの大きく開いたデザインは今年も人気♪ うなじ側に襟を落とし気味で着こなすシルエットが、去年に引き続きトレンドです。レイヤードするインナーを「レーストップス」にすると、ほのかな可愛らしさを楽しめます。さらに大人の女性があか抜けを狙うなら、”清潔感”もポイント。ネオンカラーやビビッドカラーもおしゃれですが、天然素材の生成りやきれい色をチョイスすると爽やかにまとまります。

女子力高めなデザインをトラッドアイテムとミックス

ノースリーブでタイトなシルエットのレーストップスは女子力高めなアイテム。甘すぎない着こなしを目指すなら、テイストミックスで”甘さの引き算”をするのがおすすめです。モデルさんはローファーなど、トラッドなアイテムで大胆に引き算。センスの光る着こなしです。

レース袖トップスは大人のきれいめコーデで大活躍

ちょっとスイートでありながら、きちんと上品なきれいめスタイルを目指すなら、モデルさんのような「レース袖トップス」は強い味方。スカートはもちろん、パンツスタイルにも着回しやすいアイテムです。夏にシンプルなTシャツで着こなしていたコーデをレース袖トップスを差し替えるだけで、大人の甘さが実現します♪