2018.7.31
ファッション

オフィスカジュアルで使える! 夏のきれいめ”Tシャツ”コーデ

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

酷暑である今年の夏はオフィスカジュアルコーデを考えるのもひと苦労。通勤するだけで汗だくになってしまうほどの暑さだから、トップスはさらりと着れるものが重宝します。

そこで今回は、”Tシャツ”を取り入れたオフィスカジュアルコーデをご紹介します。Tシャツを使っても、オフィスコーデに欲しいきれいめ感はきちんと叶えます♪ 仕事に行きたくなくなるほどのこの夏は、暑さストレスを少しでも減らして乗り切りましょう!

リブ&長め袖なら品の良さを叶える

布地のTシャツよりもきちんと感を演出できるのがリブ素材のTシャツ。布地よりも厚手なので下着やインナーが響きにくいのも魅力です。ラフさを感じさせない長め袖を選ぶことで上品な仕上がりに。V開きになっているネックデザインを選ぶと、今年らしくて涼しげです。

ネイビーでまとめて落ち着いた雰囲気を演出

お手持ちのTシャツをオフィス仕様のコーディネートにするのなら、ワントーンでまとめるのが近道。その場合、ホワイトやネイビーがおすすめ。ブラックのワントーンにするときは重くなりすぎないよう、シューズにはホワイトやヌーディーカラーを選んで抜け感をつくって。

ジャケットを羽織ってきちんと見え

どんなTシャツでもジャケットを羽織るだけできちんと見えが叶います。ただし、首元がゆるめのTシャツはジャケットを羽織ったときによれて見えやすいので気を付けて。ベージュ×ブラウンの配色は今年人気の組み合わせ。スナップのようにTシャツとジャケットを流行配色にして鮮度アップを狙って。

白Tのときはきれいめに徹する

布地の白Tシャツはラフになってしまいやすいので、他のアイテムはきれいめに徹するのが正解。タイトスカートやきれいめパンツと合わせるのがおすすめです。または、とろみ素材の白Tや生地がしっかりしている地厚のものを選ぶと品よくまとめやすくなります。