2018.8.22
ファッション

サンダルから履き替える前に知っておきたい、スニーカーコーデがダサくならないテクニック【2018年夏~晩夏編】

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

時折吹く風が心地よくなると、”サンダルで過ごしやすい真夏の時期”に終わりを告げているよう。そこで久しぶりにスニーカーを履いてみたら、「なんかダサい?! イケてるのか不安!」と着こなし方がわからなくなっていませんか?

そこで今回は「スニーカーコーデがダサくならないテクニック【2018年夏~晩夏編】」をご紹介します。#CBKファッショニスタの最新スニーカーコーデと共に、晩夏に役立つあか抜けポイントも解説します。

迷ったら”ロングスカート”が間違いなし!

足の甲が見えていたサンダルから、足を包み込むスニーカーにチェンジすると、全身の着こなしバランスが難しく感じますよね。サンダルと同じ夏服でスニーカーコーデを作るので、より見慣れない感覚が”おしゃれ心のテンション”を下げてしまいます。
そんなとき、今季は「ロングスカート」から始めるのがおすすめ! 旬顔なシルエットを作りやすいアイテムです。

長め丈のテーパードパンツは”ロールアップ”して軽快に

フルレングスのテーパードパンツをロールアップして、足首を覗かせたモデルさん。スニーカーを「長め丈のパンツ」で軽やかに着こなしたいときにマネしたいテクニックです。

ビスチェなど”トレンドデザインのワンピース”の抜け感に

トレンド色の強いデザインワンピースは、あえて「スニーカー」を合わせることで抜け感をプラス。頑張りすぎてない”こなれたコーデ”が実現します♪
また、”服のデザインパワー”を心地よく取り入れられるコーデテクニックは、ノームコアに疲れたおしゃれさんにおすすめ!

ハイテクスニーカーも健在♪ レトロな気分に近未来なスパイスを

2018年の夏スタイルは、猛暑も後押ししてサンダルが大ブーム。そのタイトなシルエットに代わりやすいローテクスニーカーに人気が集まりましたが、ハイテクスニーカーもトレンドシーンで健在です。やはりボリューム感のあるそのフォルムは、レトロな風が吹く今季のファッションに近未来的なスパイスとして輝きます。

今季のファッションに馴染む”ホワイトカラー&ローテク&ローカット”

スニーカーにビッグトレンドのない今年の夏ですが、今季のお洋服に馴染みやすいポイントがこちら! 「ホワイトカラー&ローテク&ローカット」です。くすみカラーや秋色、オールブラックなど”シックな色が多いトレンドの夏服”に、ホワイトカラーは相性ばっちり。そしてすっきりとしたフォルムの、ローカットのローテクスニーカーはサンダルに取って代わるボリューム感。そんなトレンド服たちと馴染みやすいスニーカーが、夏の間違いない一足となっています。

秋トレンドを見据えた”パイソン柄”でアクセント

秋冬トレンドとして、ひと足先に押さえたい「パイソン柄」。モデルさんのように、シンプルコーデのアクセントとしてスニーカーで取り入れられたら素敵ですね!
またレオパードも注目の柄。スニーカーで取り入れて、あか抜けコーデを完成させてみてはいかがでしょうか♪

ハイセンスなこだわりが見え隠れする”ソックス選び”

ボーダートップスにチノパンツ。一見ベーシックな着こなしのようですが、”ゆるりと肩から落ちた部分のボーダー切り替え”や”独特のシルエットが可愛いサーカスパンツ”など、モデルさんのこだわりを随所に忍ばせたコーデです。パンツ裾から覗く「ソックスカラー」は、スニーカーコーデをあか抜けさせるポイント。色選びに、着る人のセンスが光ります。

”ミニ丈+ローカットスニーカー”で作るヘルシーシルエット

ボトムスのトレンドは「ロング丈」か「ショート丈」に分かれる秋冬。ミニ丈がまだ新鮮な夏から取り入れて、先行くトレンドを楽しみましょう♪
ミニ丈のボトムスは、比較的どんなスニーカーもまとまりやすいアイテム。モデルさんのようにローカットのローテクスニーカーでまとめると、ヘルシーな魅力が引き立ちます。

デニムパンツスタイルに映えるカラースニーカー

大きめなTシャツをデニムパンツにボトムインしたコーデは夏のヒットスタイル。ベルトや厚底サンダルで個性を楽しむのが旬のデニムルックです。
スニーカーで着こなすなら、モデルさんのような”カラーアイテム”がおすすめ。すっきりしたデザインながら、ちょっと主張がある足元の方が今年らしくまとまりやすいコーデです。