2018.8.30
ファッション

ぽっこりお腹を上手に隠す♥ アラサーが知っておきたい、お腹カバーに役立つ小技集

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

数ある体型のお悩みの中でも、特に多いのが“ぽっこりお腹”ではないでしょうか。ダイエットも大切ですが、家事や育児、仕事に忙しいアラサー女性はジムに通う時間もなかなか取れずにいると思います。

そんなときは、体型カバー力の高いファッションテクニックを取り入れてみませんか? 年齢を重ねるにつれて丸みを帯びてきた体は、女性らしくしなやかな色気に溢れています。体のラインを上手に生かして、魅力的なスタイルを楽しみましょう。
今回は“ぽっこりお腹”を上手に隠せるテクニックをご紹介します。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

ウエストバッグでお腹隠しを狙う♥

ウエスト周りを隠し、ぽっこりお腹を目立たなくさせてくれるウエストバッグ。Iラインの胸元にアクセントとして投入したり、フェミニンスカートでギャップをつけたりしておしゃれを楽しめたりと、とにかく優等生な一品です。レザー素材なら上品な装いになるため、カジュアルが苦手な人にもOK。スポーティなウエストバッグをフェミニンスタイルに投入することで、今季らしさもアップします♥

ぽっこりお腹対策に最適な、ハリのあるウエスト切り替えワンピース♥

一枚でコーデが決まるワンピースですが、Tシャツワンピースなどのやわらかい素材は身体のラインを拾いやすく、お腹が目立ちやすいのが難点。ハリのある素材で、なおかつウエストの高い位置で切り替えのあるワンピースなら、お腹のぽっこり感が減り、さらに脚長効果も得られる一着に。

見られたくないお腹から、ハットに視線をそらして♥

目を向けて欲しくないお腹から視線をずらしたいときには、お腹から遠い頭や顔周り、足元にポイントを置くのがおすすめ! 特にハットはコーデに立体感を与え、背を高く見せてくれる頼りにしたいアイテム。つばが広いデザインなら顔に影ができるので、グッと女らしい仕上がりに♥
足元ならレッドなどの鮮やかなカラーアイテム、顔まわりならば大ぶりのアクセサリーを取り入れるのがおすすめ。お腹からの視線を拡散し、気になるウエストを目くらまししちゃいましょう。

「ストライプ柄×ハリ感×Iライン」のコンボ技でお腹隠しに最適なスタイルに♥

簡単にIラインを作れるストライプ柄のシャツワンピースは、ウエストから視線をそらす強い味方。生地自体にハリがあるものなら、気になるお腹のラインも拾いません。首や手首を出して立体的に見せれば、こなれ感も演出できます。
一枚でもシンプルでおしゃれですが、せっかくならデニムパンツやレギンスを合わせて、巷で人気のレイヤードコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか♥

MAGASEEKでバッグをチェック