2018.9.3
ファッション

ビビッド、くすみ、パステル、どのピンクを選ぶ? 大人流の甘さの纏い方

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

ピンクを纏う大人のコーデ。甘くて女性らしい、でも媚びない、そんなスタイルは大人になったからこそ着こなせるものです。

ピンクといっても色味は様々。「ビビッド」「くすみ」「パステル」、それぞれのピンクの魅力をチェックしていきましょう。

秋のコーデにビビッドピンクを差す

グッと雰囲気が落ち着く秋のコーデ。あえてビビッドなピンクを差して、女性らしく盛るのも可愛い♡

甘さ控えめ、大人にキメるくすみピンク

「ピンクは可愛すぎて……」と甘いピンクに抵抗を感じるなら、くすんだ色味のピンクをおすすめします。ベージュに近い感覚で着られるからハードルも低いはず。大人ピンクといえば、やっぱり「くすみ」です♡

パステルピンクは、モノトーン合わせorカジュアルに着る

甘めのパステルピンクはモノトーンを合わせるか、カジュアルダウンして着るとちょうどいい可愛さに。「このピンク、甘すぎ?」なんて迷ったら、黒orカジュアルアイテムと組むと失敗しません。

甘く、優しいピンクのコーデ。永遠の女子カラーだからこそ、うまく付き合っていきたい色です。