2018.10.15
ファッション

子どもっぽくならない、おしゃれにキマる大人のスニーカー講座

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

運動会や遠足、紅葉を眺めながらのお散歩など、カジュアルスタイルが増える秋に頼りになるのがスニーカー。「子どもっぽくなりそう」「普通になってしまう……」といったスニーカーのお悩みを解決する、お手本コーデをご紹介します。スニーカーが苦手な人は、ぜひ参考にしてみてください。

デニムパンツ×ホワイトスニーカーは失敗なしの組み合わせ♥

スニーカーコーデを失敗させないためには、まずは定番のデニムパンツと合わせましょう。爽やかなホワイトスニーカーなら、ニット×デニムパンツといったデイリースタイルが一気にあか抜けた表情へと変化します。ベイクドなマスタードカラーのニットや毛足の長いラグジュアリーなファーバッグで、トレンド感を加速させて♥

細身のパンツとスニーカーのカラーをリンクさせれば、スニーカーコーデがキレイに仕上がる♥

ベージュのナチュラルなワンピースにすっきりとしたブラックパンツを合わせたキレイめスタイル♥ スキニーパンツとスニーカーのカラーをリンクさせることで、色が繋がり、より脚がすらっと見えます。秋冬らしいムートントートバッグやイエロータッセルピアスで季節感を出せば、おしゃれ度がさらにアップした着こなしの完成です。

ベージュスニーカーはキレイめコーデを程よく外すマストアイテム♥

レディなベージュのプリーツワンピースとリュクスなファーバッグの組み合わせ♥
なんだかキレイにまとまりすぎると感じたら、外しアイテムとしてスニーカーをプラスしてみませんか? カジュアルなスニーカーを一点投入することで、カジュアルとキレイめの両方の要素が加わり、見違えるようにおしゃれになります。髪をアップにまとめて、さらに大ぶりのアクセサリーをつければ、のっぺりと見えがちなワントーンコーデが立体的になり、ハイセンスな着こなしに。

ロゴTシャツやマウンテンパーカーなどカジュアルアイテムと一緒に取り入れる♥

キレイめスタイルにスニーカーを合わせると、なんだかスニーカーだけが浮いて見える……。そんなときは、ロゴTシャツやパーカーなどのカジュアル要素をMIXさせましょう。
シーンによって変わりますが、「キレイめ6~7」に対し「カジュアル4~3」くらいが、大人女性の魅力を高める割合です。