2018.11.12
ファッション

「着痩せコーデ」はこうつくる! これだけは押さえたい4つのコツ

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

着ぶくれなど、秋冬になると「着痩せ」を意識する人は多いのではないでしょうか。でも「着痩せコーデ」ってそもそもどんな着こなしを指すのでしょうか。今回は、これだけは押さえたい「着痩せコーデのポイント」をご紹介します。

着痩せコーデとは?

着痩せとは、洋服を着たときに実際の体型よりも痩せて見えることを言います。着こなし方を少し変えるだけでもすっきりと見えるため、知っておいて損はありません。早速、着痩せが叶う4つのポイントをチェックしていきましょう。

着痩せコーデのポイント1:Iラインを意識した着こなしを

Iライン=縦のラインを意識した着こなしは、着痩せコーデの最も大切なポイント。特に、ワンピースやボトムスの選び方が重要です。例えば、フレアスカートなど広がるシルエットのアイテムは不向き。着痩せを意識するならトップスからボトムスまで、ストレートなシルエットになるタイトなスカートや、ストンとしたシルエットのワンピースなどがおすすめです。

着痩せコーデのポイント2:サイズ選びは慎重に

着痩せコーデで選びたいのが、体型に合ったジャストサイズ。いつも着用しているサイズでも、必ず試着をして、腕や胸、ウエスト周りなどが合っているかをチェックしましょう。

着痩せコーデのポイント3:引き締めカラーを選ぶ

カラー選びも着痩せコーデのポイントに。ホワイトや淡い色は膨張して見えるため、ブラックやネイビーなどダークな色合いを選びましょう。ダークカラーでコーデをまとめて暗い印象になるのを防ぐため、トップスかボトムスのどちらかに取り入れるのがおすすめです。

着痩せコーデのポイント4:抜け感を出す

手首や足首見せなど、「部分見せ」することで抜け感が出ます。トップスなら腕まくり、ボトムスならロールアップするなど、体の細い部分を出すことで着痩せが叶います。

着痩せの4つのポイント、いかがでしたか? 記事を参考に、手持ちのアイテムも「着痩せ」を意識して着こなすと見違えますよ。あなたもぜひ、デイリーコーデに取り入れてみてくださいね。