2018.12.4
ファッション

おしゃれな「ワントーンコーデ」特集! 野暮ったくならない着こなしテクニックとは?

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

すっかり定番となっている「ワントーンコーデ」。おしゃれ上級者なイメージがあり、着こなすのがなんだか難しそう……と敬遠している方も多いのではないのでしょうか?

今回は、ワントーンコーデの野暮ったさを回避するコツを徹底解剖! 簡単なテクニックでぼんやり見えるのを防ぐことができますよ。早速見ていきましょう♪

着るだけで決まる! オールインワン&ワンピースから挑戦しよう

まずは、初心者さんにもおすすめなワントーンコーデからご紹介。テクニックいらずで上下のコーデがまとまるオールインワンなら、取り入れるだけで簡単におしゃれなスタイリングが叶います!

メインアイテムが決まれば、あとはトーンを合わせた小物をプラスするだけでOK。鮮やかすぎないバッグがグレーの色味にマッチし、ワントーンの中にもメリハリが生まれています。

ホワイトのニットワンピースが主役のワントーンコーデ。膨張色のホワイトは、全体がぼやけて見えてしまうのが難点ですよね。

そんなぼんやり感を回避するポイントは、ウエストのリボンでシルエットにアクセントをつけること。シンプルなコーデの中に表情が生まれ、野暮ったさを解消することができますよ。

落ち着いた色味のレッドのバッグを投入して、さりげなく差し色効果をプラスするテクニックも参考になりますね。

合わせやすさ抜群! 万能なネイビーで作るワントーンコーデ

どんなカラーとも相性が良く、大人女子らしい落ち着きをキープできるネイビーもおすすめ。トップスとボトムにネイビーをチョイスしたら、同じトーンの小物を合わせて自由な着こなしを楽しみましょう。

ホワイトのバッグとスニーカーが目を引くワンポイントになっていますね。柔らかなベージュのベレー帽で、ネイビーとホワイトを調和させるのも見逃せないポイントです。

ネイビーのケーブルニットとプリーツスカートを合わせて、セットアップ風の着こなしに。きれいなIラインシルエットが完成していて、スタイルアップ効果も期待できます。

同系色でまとめるワンカラーコーデとは違い、トーンが揃っていれば、異なるカラーの組み合わせを楽しめるのがワントーンコーデの魅力。

ホワイトのクラッチバッグやベージュの中折れハットなど、アクセントを散りばめることでコーデが単調になるのを防いでいます。