2018.12.20
ファッション

着回し力がグンと高まる! 骨格別・似合うスカート選びのポイント

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

服はたくさん持っているのに、なかなかコーディネートが組めない……。それは体のラインに似合うデザインや素材を選べていないからかもしれません。ご自分に似合う服がわかれば、着回しできる服が増えスタイリングに悩むことが少なくなりますよ。

今回はストレート・ナチュラル・ウェーブの3つの骨格タイプ別に、似合うスカートについてお伝えします。

※本記事は登場するモデルさんの骨格タイプを断定するものではなく、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

ひざ上タイトスカートは「ストレートタイプ」におすすめ

Iラインのシルエットを得意とするストレートタイプさんには、細いひざ下やヒップラインを見せるタイトスカートがおすすめ♥ メリハリのある大柄のチェックなら、立体的で厚みのある体の線が生かされ、上品ですっきりとしたスタイリングに。

ラフなデニムスカートをカッコよく着こなせるのは「ナチュラルタイプ」

ラフでカジュアルな素材が似合うナチュラルタイプさんは、デニムスカートでしっかりとした骨格を上手にカバーしましょう♪ 大きめサイズやざっくりとした質感が似合うナチュラルタイプさんならデニムの素朴な生地が野暮ったく見えず、スタイリッシュに決まります。

ふんわりとしたフレアスカートは「ウェーブタイプ」がよく似合う

上半身が薄く、下半身が重くなりがちなウェーブさんには、ひざがちょうど隠れる丈のフレアスカートがマスト♥ ひざが隠れることで脚が短く見えず、バランスのとれたスタイリングに。トップスは華やかでボリュームのあるものを合わせて、上重心を意識して。

「ウェーブタイプ」が苦手なロング丈は、プリーツデザインで軽やかに

上半身が華奢なウェーブタイプさんが苦手とするロング丈ですが、プリーツデザインのロングスカートなら重たいコーデを回避。長すぎず、ふくらはぎくらいのミモレ丈から足首を見せることで、軽やかな印象に見せることができます。また細かい動物柄を大人っぽく着こなせるのもウェーブタイプさんの魅力です。

MAGASEEKでスカートをチェック