2019.1.10
ファッション

アクセ感覚でプラスする「ベルト」が着やせに効く。潔く上に重ねるのがうまくいくコツです!

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

普段のコーディネートに「ベルト」をプラス。それだけで着痩せのみならず、コーディネートにメリハリができて好バランスに。おしゃれ度がグッとアップします。

難しいことは考えずに、アクセサリー感覚で気軽に取り入れるのがうまくいくコツです。
ファッショニスタの着こなし方をチェックして、早速真似してみて!

ゆるコーデをベルトでもたつかせない

ざっくりニットや大きめスウェットをウエストアウトして、フレアスカートやワイドパンツを合わせるゆるコーデは、トレンドだけどスタイルがぼやけてダボっと見えてしまいやすいのが難点。そんなときは、ニットの上からベルトをON。メリハリができて、スタイルアップ効果をアシストしてくれます。

ウエスト位置を引き上げてスタイルアップ

ゆるコーデに限らずウエストアウトするスタイルが人気ですが、なんだかしっくりこなかったり、バランスが悪いなと思ったらベルトをプラスしてみて。ベルトを巻くだけで好バランスで、ウエスト位置が引き上げられ着痩せも期待できます。

白っぽコーデにメリハリを

冬の白っぽコーディネートは毎年人気ですが、元々膨張して見えやすい色でもあるからバランスが難しいですよね。そんな白っぽスタイルにもベルトを加えてみて。コーディネートにメリハリができておしゃれにあか抜けます。黒やブラウンのベルトを選んでコントラストをつけるのがおすすめです。

大きめの花柄ワンピースもスッキリと着こなせる

シーズンレスで人気の花柄ワンピース。柄が大きめだとボリュームが出て、スタイルが悪く見えやすいという悩みが。そんなときは、高めの位置にベルトを取り入れてウエストを強調。腰の位置がわかりスタイルアップ見えにつながります。細ベルトよりも太めのものを選ぶのがベター。

アウターの上から潔く巻いてみて!

アウター必須のこの時期は、コートやジャケットの上にベルトを重ねるスタイルがおすすめ。一見難易度が高そうですが、思い切って巻くのが成功の近道。アウターの上に巻くときは、太ベルトが好バランスです。