2019.1.24
ファッション

淡いピンクより甘くない! 大人でも気軽に取り入れられる「ビビッドピンクのニット」コーデ5選

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

ピンクのフェミニンさが気になる人は、パステルピンクではなく「ビビッドピンク」を選んでみませんか? 濃くてはっきりとした色味の方がガーリーにならず、等身大で着こなすことができます。

まず最初に手に入れるなら、トップスから挑戦するのがおすすめです。トップスなら、ボトムによってもいろいろなテイストを楽しめるはず。

そこで今回は、この時季活躍するビビッドピンクのニットスタイルをご紹介します。
セール中の今ならお得にGETできるから、チャレンジのハードルも下がるかも♪ ぜひチェックしてみてください。

締め色の黒と上質BAGで大人のクラス感を漂わせて

レディなスカートと合わせるなら、まずは黒で引き締めを。スナップはコートとパンプス、タイツを黒で統一。ここでは「FENDI(フェンディ)」の”ピーカブー”バッグを相棒に。上質バッグを取り入れると、ピンクの着こなしをリュクスに昇華できます。

きちんと感が欲しいならセンタープレス入りパンツが優秀

きれいめにまとめたいときは、きちんと感のあるボトム選びをすればOK。スナップでは、センタープレス入りパンツとコーディネートしています。ワイドパンツでも、センタープレス入りならカジュアル度をセーブできます。V開きのニットもきれいめ感をアシスト。

クセのある構築的なスカートで大人のぶれない個性を発揮

独特のプリーツと構築的なシルエットが特徴のスカートと合わせた上級スタイル。デザインに個性のあるボトムとコーディネートすると、大人の余裕あるおしゃれ心を感じさせます。個性的な分、小物はシンプルに徹して。

カジュアルなアイテムもラフに見えないどころか程よく女っぽい

インディゴやリジットデニムなら文句なしに合いますが、カジュアルになりやすいライトブルーデニムと合わせても、どこか女らしさを感じる仕上がりに。足元をスニーカーにしても、鮮やかなビビッドピンクのカラー効果でラフに見えません。

ニット×スキニーの定番コンビもビビッドピンクだと新鮮

人気が復活したスキニーパンツとニットを合わせる定番コーディネートは無難になりがち。でもビビッドピンクのニットを取り入れれば、見慣れたコンビも新鮮な着こなしに。周りと差の付くコーディネートにアップデートできます。