2019.2.4
ファッション

「ピンクニット」は大人っぽくorカジュアルに着る。甘々になりすぎない着こなし4選

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

かわいらしいピンク。ニットだとよりガーリーな感じになりやすく、ピンクが好きだけど甘さが気になるという人もいますよね。そんなときは、きれいめなアイテムとコーディネートしたり、反対にカジュアルなアイテムと合わせたりすると、ピンクの甘々感が気になりません。

ファッショニスタのスタイルをチェックして、甘さ控えめな着こなしの参考にしてみてください。

クラシカルなジャンスカを華やかに

クラシカルなジャンパースカートのインナーとしてピンクニットを取り入れれば、コーディネートが華やかに。ジャンスカならニットの見える面積が少ないので、ピンクの甘さを感じにくいのもポイント。暖かくなったらタイツをなしにして、春まで楽しめるスタイルです。

インディゴデニムで大人カジュアルに落とし込む

インディゴやリジットデニムと合わせれば、甘さの主張は控えめ。デニムのシルエットは細身かストレートを選ぶと大人カジュアルな着こなしに。デニム×ニットのコーデはマンネリしがちですが、ピンクニットで色を取り入れればデニムの表情も見違えます。

カーキと掛け合わせて大人可愛いを体現

フェミニンなピンクとは反対に、渋色のカーキをボトムにチョイス。スカートはタイトやボクシースカートを選んで、可愛いだけではない大人のスタイリングを意識しましょう。
カジュアル派さんはカーキパンツと合わせても◎。ニットがピンクだから、程よくフェミニンなカジュアルスタイルに仕上がります。

ホワイトデニムと合わせて爽やかに、軽やかに

ホワイトデニムとの明るい配色なら、冬でも爽やかな印象に。着こなしが重く、野暮ったくなりがちな冬にこそおすすめの組み合わせです。
ホワイトデニムはワイドすぎないゆるシルエットが好バランス。色が淡いため、ピタピタすぎるスキニーは避けたほうがベター。デニムではないきれいめパンツなら上品に仕上がります。