2019.3.14
ファッション

春色メイクに合う服の色がわかれば、もっとオシャレになれる。メイク×コーデの正解配色

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

1日の気分を左右する服装やメイク。冬と春の境目は気温差と着たいテイストの兼ね合いでテーマが定まりにくく、もどかしさを感じてしまうこともあります。
違和感なく春らしさを取り入れたいなら、パステルカラーのアイシャドウや桜色のチークなど、気分が上がるような春のメイクに服装を合わせていけばOK。全体のバランスも難なく決まります。
今回は、春色メイクに馴染むスタイリングのコツをカラー別にご紹介します!

パステルカラーのメイクには、ライトグレーが合わせやすく取り入れやすい

パステルカラーのようなソフトな色合いには、ライトグレーがよく合います。どちらも春らしい柔らかく優しい印象で、違和感なく全体がまとまります。リップやチークは青みがかったピンクをチョイスすると、今っぽい表情に♪

オレンジ・イエロー系のメイクならカーキが見事にマッチ

活気あふれる健康的な印象には、オレンジやイエローのアイシャドウをカーキの服で締めたコーデがおすすめ。暖色メイクで明るい表情を演出しながら、服装は大人っぽくまとめることができます。

ブルーの涼しげな印象はピンク系メイクと合わせてバランスよく

寒色系のブルーは春らしい要素を取り入れるのにぴったりですが、どこか涼しげな印象が強め。バランスを取るなら、ピンクメイクであたたかくかわいらしい雰囲気をプラスしてみてください。

ベースとリップだけのナチュラル派さんはオール同系色コーデ

素材を生かしたベース・リップのみで勝負するなら、全身を同系色でまとめたコーデを。オールブラックやオールベージュなど、とことんシンプルに着こなすことで、メイクとスタイリング、両方の魅力を引き立たせることができます。