2019.4.15
ファッション

ウェディングドレスの選び方。デザインに加えて「会場」目線も大切です!

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

結婚式が決まったら、楽しみなのがウェディングドレス選び。自分が好きなタイプのドレスであることはもちろんですが、もうひとつ選ぶポイントになるのが「会場」に合わせることです。今回は、結婚式・披露宴のスタイルにマッチするウェディングドレスの選び方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♡

レストランやリゾートウェディングには軽やかなドレスを

大人の結婚式で近年人気を集めているのがレストランウェディング。「あまり大げさにしたくない」「ゲストとの距離が近い方がいい」というカップルに選ばれているようです。
空間に限りがあるため、ドレスもできるだけ動きやすい軽やかなデザインがおすすめ。ショールやアクセサリーなどでがらりと雰囲気が変わるビスチェタイプなら、様々な着こなしを楽しめます。

また、シンプルなタイプのウェディングドレスは、リゾートウェディングにもぴったり。モデルさんのように軽やかなシフォン素材のドレスも素敵です。

ホテルウェディングなら上質感のあるこだわりのドレスを

ラグジュアリーな雰囲気のホテルなら、空間に負けないくらいインパクトのあるデザインを選ぶのもいいでしょう。フリルやレースをふんだんに使った上質感のあるウェディングドレスがお似合い。プリンセスラインなど、華やかでゴージャス感のあるタイプがおすすめです。

格式が高いチャペルウェディングは小物使いにも気を配って

チャペルウェディングなら、バージンロードに映えるシンプルでエレガントなウェディングドレスが最適です。チャペルの格式が高いほど、露出や装飾の少ないシンプルなタイプが基本になります。
上質感はパールアクセサリーやドレスの素材で演出すると、品よく仕上がります。また、レースやサテン素材のロンググローブもマストアイテム。あるだけでクラス感が出せるので、ぜひ取り入れてみてください。

ドレス選びで後悔しないためにも、会場に合わせることはもちろん、披露宴での動きをシュミレーションしておきたいですね。あなたらしいウェディングドレス選びのお役に立ちますように。

MAGASEEKでワンピース・ドレスをチェック