2019.5.15
ファッション

傘をさしてもオシャレ♪ 雨の日お出かけコーデの秘策アイデア9選

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

お出かけ予定の日に雨が降ると、「せっかくオシャレしたいのに……」と残念な気持ちになりますよね。そこで今回は「傘さしてもオシャレ♪ お出かけコーデのアイデア9選」をご紹介。モードな大人カジュアルスタイルから可愛いきれいめコーデまで、さまざまなテイストの装いを集めました。

オシャレ指数高めの着こなしなら、傘を片手にお出かけが楽しくなります! あなた好みの着こなしアイデアを見つけたら、ぜひ雨の日にトライしてみて。

チェック柄の傘を主役にまとめたシンプルカジュアル

バーバリーチェック柄の傘の存在感を、シンプルなデニムパンツルックでまとめたコーデ。傘を開いても、閉じて手に持っても、全身のアクセントとなって素敵に過ごせます。
全身のコーデをスタイリッシュに仕上げるのに欠かせない傘なら、お出かけ先で忘れて帰ることもなくなるはず! そんな大切にしたくなる、ファッション性の高い傘。持って出かければ、雨の風景が違って見えそうですね♪

ふんわりブラウスのフェミニンな気分をUPさせる赤い傘

ブラウス裾が可憐な花びらのように、ふわりと可愛いモデルさん。そんなフェミニンな気分を、真っ赤な傘が盛り上げてくれます。ごちゃごちゃと飾りたてずスッキリとまとめることで、大人の可愛さを実現。さらにトレンド要素の強いメッシュのビニールバッグが、可愛いだけじゃない切れ味を添えています。

華やかな花柄がビニール傘までモードなアイテムに見せる

雨といえば断然使う人の多い「ビニール傘」でも、おしゃれが完成できるんです! モデルさんは、派手色の花柄がモードなロングスカートルックに、ビニール傘をさしています。まるでビニール素材がモードなアイテムの一部のようにスタイリッシュ! 発色の良い花柄で応用したいコーデテクニックです。

アートを着こなすような柄の傘なら雨が待ち遠しい

配色の美しさやあまり見かけないデザインに、持っているだけで心が躍るような特別な傘もおすすめ。モデルさんはとっておきの柄が素敵な傘をメインに、全身シンプルなアイテムでカジュアルスタイルを完成させています。

激しい雨もスタイリッシュに着こなすワントーンテクニック

雨水で濡れた部分の服の色が変わってしまったりと、雨の日は見た目にもオシャレがうまく行かないことがありますよね。そんな心配があるときにマネしたいテクニックがコチラ! 全身をシックなカラーの”ワントーン”でまとめる着こなしです。多少濡れて色が変わっても、全身が似たトーンなら目立ちません♪

今季大注目のノースリーブ×シャツのレイヤードスタイル

チェック柄の傘をアクセントにした、シンプルなデニムパンツルック。キャミソールの上からロングカーディガンをさらっと羽織っています。
モデルさんのように「ノースリーブ×羽織りもの」という夏のレイヤードスタイルは、今季注目されている着こなし方。ぴったりとしたノースリーブトップスでレディな体のラインを楽しみつつ、羽織りものでヘルシーに着こなせます。

少しだけひねりが効いてる傘がハイセンス

”とりあえず”のイメージが強い「透明のビニール傘」。そこにモデルさんの傘は、丸いシルエットとプリントデザイン付きの可愛い一品。さりげなくひねりを効かせて「よく見るとオシャレ傘」という驚きが、ワンランク上のハイセンスなコーデを作ります♪

じめっとする雨の日は風通しのあるワンピースが心地よい

気温が高い雨の日はじめじめと衣類がべたつき、お出かけの楽しさが半減。さらりと過ごしたい方は、通気性のいいワンピースがおすすめ♪ 今年もすとんとしたシルエットの、ナチュラル感あるデザインが人気を集めています。モデルさんのような細かいチェック柄なら、優しげな表情をコーデに加えられます。

小物と傘の色をリンクさせる上級者テクニック

ネイビーとホワイトの爽やかな色でまとめた、ナチュラルなワイドパンツルック。さらに赤い傘とレインシューズをアクセントカラーにすれば、雨で暗くなりやすい日にもポップに明るいコーデが完成です。
普段出番が少ない雨具を、きちんとワントーンで揃えて常備するのはおしゃれ上級者の嗜み。そんな丁寧に暮らす姿勢もマネしたいテクニックです♪

MAGASEEKでパンツ(ボトムス)をチェック