2019.5.22
ファッション

いつもと同じと思わせない「ドットスカート」の着こなし見本帳。黒・白両方お見せします!

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

シーズンレスで着られる「ドットスカート」。でも暖かくなって薄着になるこれからの時季、気が付けばいつも似たような着こなしになってマンネリしがち。ドットだと柄の主張もある分、なおさら陥りやすい問題です。

そこで今回は、#CBKファッショニスタのドットスカートスタイルを集めました! 定番の黒だけでなく、人気の白もお見せします♪
既にお持ちの方はもちろん、これから買おうと思っている人も、彼女たちの着こなしをぜひ参考にしてみて。

黒地ドットスカートは、着こなし次第で表情がガラリと変わる♪

キャミソールにデニムジャケットを羽織った着こなしは今の時季にぴったり。程よくゆったりしたデニムジャケットであれば、肩を落として着るのがイマドキ見えの近道です。白のキャミソールはインナーっぽく見えないよう、リブ編みや素材でこなれ感を演出して。

ドットスカートをノースリーブトップスと合わせたスタイルは、ヘルシーさを感じながらも女らしい印象に。キャップはトップスと同じホワイトを選んで、スポーティー小物をきれいめに着地。

 

足元に赤を差したコーディネートにはグッと女らしさが漂います。バレエシューズならスニーカーよりもレディで、さらに赤色だとパリジャン気分を味わえそうな雰囲気に♪ ラフに見えやすいノースリーブはリブで品よく。

 

モノトーンボトムで忘れちゃいけないのが、鮮やかな色と相性抜群だということ。きれい色トップスと合わせれば、黒地のドットスカートも一気に春夏顔に。女性らしさもアップします。

レディな白地ドットスカートは、どう着ても女性らしさをキープできる

可憐な白地ドットスカートにはTシャツを合わせてカジュアルダウン。Tシャツを今季トレンドのベージュカラーにするだけで、一気にこなれ感あるコーディネートに。

 

黒地ドットよりも明るい白地は、鮮やかカラーとの相性が抜群。一気にコーディネートの彩度が高まり、春夏らしい着こなしに♪

 

1枚でとびきりレディな白地ドットスカートは、モノトーンでコーディネートしても地味になりません。トップスやシューズ次第で同じモノトーンでもテイストが変わるので、着回しの幅が広がります。

ベージュのブラウスにオレンジのビスチェをレイヤードしたコーディネート。可憐な白ドットスカートにも、ベージュ×オレンジの配色でやさしげな印象が漂います。

MAGASEEKでスカートをチェック