2019.6.10
ファッション

ラフすぎ注意の「Tシャツワンピース」。洗練感たっぷりに着こなすテクニック集♪

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

ジャブジャブお洗濯ができるTシャツは暑い夏の必須アイテム! 中でもさらっと一枚で着られるワンピースタイプは、ボトムの締め付けが苦手な大人世代からも支持されている模様です。

そんな頼れるTシャツワンピースですが、派手なカラーやデザインを選んでしまうと子どもっぽく見えたり、部屋着感が高まったりする危険も……。大人世代のTシャツワンピースは、シックなデザインをシンプルに着こなすのが鉄則です♥ お手本コーデを早速チェックしていきましょう♪

ホワイトTシャツワンピースはブラック小物で引き締めて

ゆったりとしたTシャツワンピースには、まず爽やかなホワイトカラーをセレクト♪ 膨張しがちなホワイトを、ボディバッグとキャップのブラックの力でグッと引き締まった印象に。足元もブラックでまとめていますが、素肌が見えるサンダルならモノトーンだって軽やかに楽しめるはず。

小物で引き立つブラックTシャツワンピース

透け感や汚れが気になりにくいブラックTシャツワンピースは、小さなお子さんを育てるママさんにも人気の一着♪ 天然素材のバッグや流行の大ぶりイヤリングなど、ワンピースがシックな分、お気に入りの小物たちを生かしたコーデを思いっ切り楽しんで。

オーバーサイズTシャツは、リブパンツ+ウエストマークが今どき

オーバーサイズのホワイトTシャツワンピースとリブニットパンツのリラクシースタイルは、ブラックベルトでメリハリをON♪ さらにホワイト×ブラックのインパクト強めなバイカラーサンダルと組み合わせれば、存在感の強い太いベルトも悪目立ちすることなく、コーデにすんなり馴染むはず。
このベルトにはこのバッグと靴を合わせるなど、「神3セット」をあらかじめ決めておいて、忙しい朝の着替えタイムをキュッと短縮しちゃいましょう。

ロングTシャツワンピース×レギンスのカジュアルコーデも、ベージュのワントーンなら大人顔

こちらはかなり長めのTシャツワンピースに、レギンスをレイヤードしたスタイリング♥ アイテム一つひとつはカジュアル要素を強く持っていますが、全身のカラーをベージュで統一することで、大人の女性らしい雰囲気を演出することが可能。
そのままでも十分おしゃれですが、ちょっぴり濃いめのベージュベルトでウエストマークすれば、のっぺりしがちなワントーンも上級者見えが叶います。

MAGASEEKでワンピース・ドレスをチェック