2019.7.8
ファッション

「ネックライン」って重要なの? 覚えておくだけでおしゃれ度が上がる、知っ得テクニック♪

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

「ネックライン」を意識した服選びをしていますか? ネックラインを極めれば日々のコーデがしやすくなり、見た目もぐっとあか抜けます♥

ポイントは二つ! まず「自分に似合うネックラインを知ること」。もう一つは「それぞれのネックラインが与える印象を覚えておくこと」。
これらを知識として知っているだけで、センスのいいオシャレなスタイリングが今よりもっと楽しめます。

早速ご自分のシルエットを確認。「フェイスライン」「首の長さ」「上半身の厚み」の3点をチェックしましょう。それではネックラインについて、詳しくお伝えします。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

すっきり見せに強い、広めのUネック

「丸顔」「首が短め」「顔が大きめ」「上半身に厚みがある」人は、肌の見える面積の多いUネックで抜け感を出すと、首が長く見え、同時にフェイスラインをすっきり見せることができます♥

また、Uネックは丸みがあり柔らかいイメージなので、甘めのコーデに合わせると馴染みやすくなります。スナップはUネックTシャツとプリーツスカートを組み合わせたスタイリング。Uネックが甘い分、袖をまくるなどしてすっきりした印象にまとめるのがコツです。

Uネックが似合うならVネックもお試しあれ

Uネックが似合う人には、Vネックも似合います! ただしUネックが持つような丸みや柔らかさではなく、スタイリッシュでスマートな印象をもたらすのがVネック。フェミニンスカートよりもパンツの方が好相性と覚えておくだけで、スタイリングがグッとしやすくなるはず。

また、ネックラインが横に広いVネックでデコルテを強調すると、より女性らしい雰囲気を演出することができます。大人世代はぜひ意識してみてくださいね。

クルーネックは華奢な人におすすめ

Uネック、Vネックのどちらも似合わない! なんだか貧相に見える! そんな人には首元が詰まったクルーネックがよく似合います。他に肩幅が狭い人や首が長い人にもおすすめ。反対に、体に厚みがあるタイプの人はがっちり見えるので、避けるのが無難です。

また、上品で育ちの良さを感じさせるクルーネック。スナップではホワイトTシャツとマキシスカートのリラクシーコーデに仕上げています。シンプルなのに洗練感を演出できるのは、クルーネックだからこそ。

横線を美しく引き立てるボートネック

横に広がったネックラインが、鎖骨を美しく見せるボートネック! 横の線を強調するため、エラ張りさんや丸顔さんが着るとすっきり見えず、似合わせるのが難しいのですが、フェイスラインが縦に長い面長さんにはむしろ好都合。

襟足回りがもたつくと途端に野暮ったくなるので、髪の長い人はアップにまとめてすっきりさせると、バランスよく見えます。またボーダー柄かつ長袖のトップスは、ただ着るだけだと横に膨張しがち。袖と体の柄が繋がらないよう、袖まくりは必須です!