2019.7.16
ファッション

定番ネイビーがパッと華やぐ! 夏に向けて大人世代がマネしたいネイビーコーデ4選

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

「知的・キレイ・上品」などの色彩効果を持つネイビーは、大人世代からの支持率が高い優秀色。優しいカラーが多い春から一転、強めのカラーが似合う夏は、レッドやオレンジと組み合わせて華やかに魅せるのがおすすめです。
ネイビーを夏らしく着こなしたお手本コーデを、早速チェックしていきましょう♪

レッド小物の力でネイビーのセットアップがパッと華やかに

ネイビー×レッドの色合わせは、バッグやシューズなど面積の小さいアイテムから取り入れるのがベスト! モデルさん着用のようなきちんと感のあるネイビーのセットアップも、レッドの小物を散らせば華やかな雰囲気に♥
アクセントカラーがなんだか浮いて見えると感じたら、同色小物をもう一点投入することでコーデに馴染みやすくなるので、ぜひお試しあれ。

強めオレンジもボトムなら取り入れやすい

こちらはネイビーのアンサンブルにオレンジのスカートを組み合わせた、キレイめスタイル♥ 一見派手な印象のオレンジも、顔から遠いボトムなら挑戦しやすいはず。
足元はベージュで馴染ませても良いですし、肌が見える面積が多いダークカラーのサンダルなら、コーデをしっかり引き締めつつも重たくなりにくいですよ。

シャツとスカートの定番スタイルもネイビー×オレンジで新鮮に

シャツとロングスカートの定番スタイルも、ネイビー×オレンジの色合いなら一瞬で鮮度アップ! フレッシュなオレンジが若々しい印象にならないよう、シャツのボタンを全部留めてきちんと感はしっかりと。
さらにただ着るだけの平凡な着こなしにならないよう、手首や足首を見せてコーデに立体感をプラスしましょう。華奢なパーツをアピールでき、痩せ見え効果も期待大。

ネイビー×オレンジでカジュアルスタイルをレディに仕上げて

ゆったりとしたワイドパンツとコンパクトTシャツのカジュアルスタイルも、ネイビー×オレンジならどこか女性らしい雰囲気♥
オレンジをトップスで取り入れるときは似合う・似合わないがはっきりわかるので、できるだけ顔映りの良いトーンを選ぶのが大切。スナップのようなくすんだオレンジはイエローベースさん、反対にパキっと発色の良いオレンジはブルーベースさんに似合います。