2019.7.21
ファッション

30歳からの「カーキパンツ」の着こなし。ミリタリー感を拭って品よく仕上げよう

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

チノパンと並べられることの多い「カーキパンツ」。テイストは似ているけれど、やっぱりカーキだとワーク感やミリタリー感が気になるもの。特に30歳からは”女性らしさ”や”上品さ”がないと野暮ったい印象になりかねません。でも素敵に着こなしているコーディネートを見ると、つい着たくなってしまうアイテムです。

そこで今回は、カーキパンツを大人の女性らしく着こなしているコーディネートをご紹介します。#CBKファッショニスタをお手本に、あなたもカーキパンツを素敵に着こなしませんか?

白ブラウス1枚でカーキパンツが瞬時にフェミニン

カーキパンツは白ブラウス1枚でフェミニンにできます。ハンサム感の強いボトムだけに、ブラウスが甘すぎるなんてこともなく、大人らしさはキープしたまま甘さ強めに仕上げることができます。夏はかごバッグやサンダルと合わせて、ナチュラルかつヘルシーに。

カーキパンツ+花柄アイテムで大人のガーリー感をプラス

ワーク感のあるカーキパンツも、花柄アイテムを取り入れるだけで程よいガーリー感をプラスできます。スナップでは花柄ガウンをセレクト。他にブラウスなどもおすすめです。
大人っぽさを強調したい場合は、顔まわりをアクセサリーで彩ってあげると、足元はリラクシーでもグッと大人の表情に。

二の腕見せでカーキパンツに女っぽさを演出

女性らしいパーツを見せれば、カーキパンツを女っぽく寄せることができます。スナップでは二の腕が見えるフレンチスリーブトップスをチョイス。他にはデコルテが見えるデザインや、背中開きトップスなどもおすすめです。

カーキパンツ+レースガウンで女性らしい可憐さを

1アイテムあるだけで可憐な女性らしさをつくるレースアイテム。中でもレースガウンはTシャツの上にサッと羽織るだけで簡単に雰囲気を変えられて、カジュアル派さんにもおすすめです。ロング丈ならカーキパンツ自体を覆うから、ワーク感が気になりません。

シャツ×パンプスならカーキパンツにもきちんと感が漂う

他のアイテムをきれいめで統一すれば、カーキパンツだって上品に着こなせます。スナップでは白シャツに白パンプスをチョイス。ミリタリー感のあるカーキ色も白の力でグッと爽やかでクリーンに。職場によってはオフィスにもOKです。

MAGASEEKでパンツ(ボトムス)をチェック