2019.7.21
ファッション

体型カバーに効く! おしゃれもスタイルアップも叶うワンピーススタイル4選

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

実はワンピースは体型カバー力の高いアイテム。ちょっとしたカラーや柄、シルエットの違いで、見た目の印象が大きく変化します。
今回は体型カバーに効くワンピース選びのポイントを詳しくお伝えします。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

柄でボディラインを目くらまし

ボディの凹凸や余計なシワを目立ちにくくする小花柄プリントは、気になるボディラインの目くらましに適役! Vネックから鎖骨を見せて抜け感を出せば、モノトーンでも仕上がりは軽やか。ワンピースがきれいめな分、バッグや靴はカジュアルに寄せて。

濃いめのカラーと小柄で視線を分散

ドット柄が全面に施されているワンピースは無地よりも視線を分散し、ボディラインが曖昧に! 濃色ベースで小さめのドットだと、甘めが苦手な人も着こなしやすいはずです。
またスナップのように、フリルが可愛い今年トレンドのたっぷりなボリューム袖なら、ギャップで肩まわりや二の腕のお悩みも上手に隠せます。

三角シルエットでボディラインをすっぽりカバー

ハリのあるテントワンピースは気になるボディをすっぽり隠しつつ、アクティブに動き回っても美しいシルエットをしっかりキープ! 裾に向かって広がる三角シルエットが、肩幅を小さく見せる嬉しいメリットも期待できます。一方でAラインは首や顔周りがもたつくと途端にダサくなりがちなので、髪型はすっきりアップヘアが最適。

ダークカラーで自然に細見え

今季はアースカラーなどのくすんだ色味が人気ではありますが、体型カバーを叶えるなら断然ダークカラー! 中でもシックで深みあるパープルの作る自然な陰影が、ボディの面積をシャープに見せてくれます。
スニーカーでこなれ感を出すのもよし、ブラックサンダルやべっこう風のアクセサリーなど引き締め小物を散らせば、スリム見え効果が加速します。

MAGASEEKでワンピース・ドレスをチェック