2019.8.12
ファッション

今すぐ参考にしたい。夏から秋の「羽織りもの」コーデ術

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

ジャケットやシャツ、カーディガンなど、シーズンを問わず活躍してくれるのが「羽織りもの」。夏も冷房対策として持ち歩いている、という方も多いのではないでしょうか。今回は、夏から秋に参考にしたいモデルさんたちの「羽織りもの」コーデ術をご紹介します。

羽織りものを肩掛けする

ショールを掛けるように、羽織りものを肩掛けするとコーデが大人っぽくまとまります。モデルさんのようにデニムジャケットの袖を通さず、ポンチョのように着こなしてみては。

ホワイトロングスカートの爽やかさに、ベージュのタンクトップとブラウンのカーディガンをプラスして秋モードにシフト。カーディガンに袖を通さないことで、エレガントな雰囲気にまとまっています。

ロングカーディガンは大人カジュアルのマストアイテム

ロングカーディガンは、さらりと羽織るだけで上品さが漂うアイテム。デニム×ブラウスを組み合わせたカジュアルコーデに上質感をプラスします。

ナチュラル素材のシャツワンピースを羽織り代わりに

暑い日に羽織ものはちょっと……という時には、コットンやリネンなど風に揺らめく軽やかな素材を選んでみてください。今っぽいコーデに仕上げるなら、マキシ丈のシャツワンピースを羽織り代わりにするのがおすすめ。タンクトップやキャミソールに合わせて、ラフな雰囲気で着こなせます。

日焼けや冷房対策になるだけでなく、コーデを格上げしてくれるのが羽織りもの。袖を通さなくても、肩掛けしたりバッグに掛けたりするだけで、着こなしのアクセントにもなります。あなたもぜひ、デイリーコーデに取り入れてみてくださいね。

MAGASEEKでアウターをチェック