2020.2.12
ファッション

もうベーシックカラーだけに頼らない! 1週間に一度「定番色禁止の日」を作ってみよう

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

定番カラーと呼ばれる、黒・白・グレー・ネイビー・ベージュ。毎日のワードローブに欠かせませんが、そればかりに偏るとスタイリングが無難な印象に落ち着いてしまいます。そこで、おしゃれの幅を広げるために「週に一度、カラーコーディネートを楽しむ日を作ってみる」ことをご提案!

今回は、「レッド・ピンク・イエロー・パープル」の4色を取り入れ方とともにご紹介します。思わぬお気に入りカラーとの新しい出会いが待っているかもしれません♡

《1週目/ レッド》ほんのり女っぽさを足す

派手なイメージが強いレッドですが、実はカラーアイテム初心者さんにも取り入れやすい色。差し色の定番として認識されているから、悪目立ちもしにくいカラーなんです。お洋服ではハードルが高いという方は、帽子や靴など小物からはじめてみましょう。

《2週目/ ピンク》大人の可愛さをプラス

もはや定番になりつつある大人のピンク。可愛くなりすぎるのが不安な方は、「くすみピンク」を選べば難なく攻略可能です。「ビビッドなピンク」は、小物で取り入れて彩りを差すとちょうどいいアクセントに♡

《3週目/ イエロー》コーデのテンションを上げる

季節問わず重宝するイエロー。難易度が高そうですが、実はベーシックなアイテムと相性抜群なカラーなんです。手持ちアイテムに定番色が多いなら、イエローアイテムがひとつあると思いのほか役立つはず!

《4週目/ パープル》甘さを抑えて女度アップ

レッドでは強すぎるし、ピンクじゃ甘すぎる……そんな方にはパープルがおすすめ。同じパープルでも「くすみ色」「ビビッドカラー」「ラベンダー」と、濃さや色味次第で印象が大きく変わるのも魅力です。

1週間に一度のカラーコーデの日。
普段は選ばない色で、コーデの幅を広げてみましょう♡