2020.3.17
ファッション

トップスはインしなくたってOK! 好バランスが叶う「スカート×インしない」コーデ4選

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

「トップスを着たときに裾をどうするか問題」は私たちにとってかなり重要。「全部イン」から「前だけイン」ときて、今季は「インしない」着こなしが人気なんです! お腹まわりをカバーしつつも、今っぽく見せる技をマスターしちゃいましょう。

今回はスカートとの合わせ方に絞って、トップスアウトが美バランスに仕上がる4つのコーディネートをご紹介します。

短め丈のパーカーをワードローブに加えて

丈が短めのパーカーなら重心が下がりにくいから、トップスインしなくともバランスが取りやすい!

スナップは、UNIQLO(ユニクロ)の今季人気アイテム「ドライソフトスウェットプルパーカ」と「シフォンプリーツロングスカート」のスタイル。春らしいピンクカラーが、カジュアルコーデをきれいめへとシフトさせていますね。

レザー調のバッグとポインテッドトゥのパンプスをグレーカラーでまとめて、大人らしさも獲得している着こなしはぜひマネしたいところです♥

フレアスカート派が持っておきたいニットベスト

秋冬に活躍したニットベストは、春も重宝すること確定です! スナップのようなゆったりとしたニットベストなら適度にボリュームのあるスカートと相性がいいから、トップスインを避けたい方にもうってつけ。

足元からボトムと同じカラーのダッドスニーカーを覗かせて、今年らしいスタイルに仕上げたおしゃれ技も見逃せません。

ゆったりニットはスリットが好バランスのカギ

インしない着こなしをオーバーサイズニットで叶えるなら、丈の長さが前後違い、かつサイドスリットの入ったデザインをチョイスして。スナップのようなふんわり広がるフレアスカートとも相性抜群です。

またトップス裾を出すときは、間延び防止に柄物を取り入れるのがコツです。こちらではドット柄がアクセント役として貢献。ナチュラルカラーに溶け込ませているので、ガーリーというより、むしろ大人っぽい印象にまとまっています。

タイトスカートがラフなスウェットを大人顔に

トップスインせずバランスよく見せるなら、ボトムをすっきりさせるのも手! クリーンなホワイトのタイトスカートを合わせれば、アイボリーのルーズなスウェットだってバランスのいい縦長シルエットを確立できます。

ボトムスと同色のホワイトハイカットスニーカーで足元をすっきり見せると、脚長効果もさらに高まります。フリンジのハンドバッグやバングルをポイントに、こなれ感のあるワントーンコーデを完成させましょう。

MAGASEEKでスカートをチェック