2020.5.20
ファッション

「カラーシャツ」を買うなら何色がいい? 今季おすすめの5色をお教えします!

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

2020年、大注目を浴びている「シャツ」。今年はカジュアルに着られるデザインが多く、コンサバイメージの強かったシャツにも一気にトライしやすくなりました。さらに定番のホワイトだけでなく、カラーバリエーションが一段と豊富に。しかし、その分どの色を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

この記事では、今年イチ押しの「カラーシャツ」5色をご紹介します。迷っていた方は参考にしてみてくださいね。

どんな着こなしも思いのままに決まる「ベージュシャツ」が万能です

一つ目のおすすめカラーは「ベージュ」。オーバーサイズのシルエットであっても、ベージュならきれいめに着られるため、ON/OFFを問わず着回すことができます。また春のきれい色と合わせたらピカイチの相性度!
他にもベージュやホワイトなどでまとめた、なじませ配色スタイルに取り入れるのもイチ押しです。今っぽいスタイルからシンプルまで、幅広く活用できる1枚です。

ナチュラル派におすすめ。「ブラウンシャツ」でシンプルな着こなしも味わい深く

「ブラウンシャツ」はホワイトやベージュなど、手持ち服にニュアンスカラーが多い人にイチ押しです。明るくやわらかな色と合わせることでグッと味わい深いコーディネートに。リネンやシアー素材、ゆるっと着られるシルエットなら、夏場でも暑苦しく見えません。

トレンド感と上品さを叶える「ピスタチオグリーンのシャツ」がイチ押し!

「ピスタチオグリーン」のシャツは抜群のトレンド感と品のよさを叶えてくれます。きれい色を着たい大人女性や、色物は着たいけど派手さが気になる人におすすめです。
フェミニンなボトムと合わせると気品漂う女性らしい着こなしに。カジュアルなボトムなら、ラフさを排除したきれいめなスタイルに昇華してくれます。

今年の「ブルーシャツ」はもっとおしゃれに着られる!

今までのブルーシャツは知的に見える分、コンサバ感が気になることも。でも今年はデイリーに溶け込むナチュラルなものが増えました。特にシアー素材やオーバーサイズシルエット、抜け感のあるバンドカラーなどが推しデザインです。どんなコーディネートも程よく知的に見せつつ、これまで以上にもっと気負いなく着られます。

シャツの端正さを「ピンク」のフェミニンさでやさしげに

大人のカジュアルスタイルを女性らしく昇華してくれる「ピンクシャツ」。もちろんフェミニンな着こなしとも相性はいいですが、カジュアルな着こなしやラフなアイテムが多い人こそトライしてみて。何気ないコーディネートも女性らしく仕上げます。自分には甘すぎるなと思う人は、ピンクが入ったラベンダーやパープルを選べば挑戦しやすいはず。