2020.7.8
ファッション

「冷え対策用のカーディガン」、どう着れば今っぽい? 体を冷やさずオシャレな着こなし4選

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

気温が変動しやすく、さらに空調で体を冷やしがちな初夏には、さっと羽織れる「カーディガン」が大活躍。常に一枚備えておくだけで、どんなシーンでも体温調節に貢献してくれます。

ただし、着こなし次第では地味にまとまって失敗することも。そこで今回は、初夏に役立つ”おしゃれなカーディガンの着こなし”をご紹介します♪

透け感が軽やかな「クロシェカーディガン」

編み目から肌が透けて見える「クロシェカーディガン」は暑苦しさがなく、初夏の羽織りものにぴったりです。夏の終わりまで着られる涼しげなデザインは、ぜひ一枚持っておきたいところ。

さらに、クロシェ編みにはベーシックコーデに華を添える”アクセント効果”も。日頃シンプルな服装が多い方ほど使いやすいカーディガンです♪

「カーディガン」を肩から羽織ってきれいめに♪

オフィスやデート・パーティなど、きれいめに仕上げたいシーンには「カーディガン」を肩から羽織って上品に。あえて袖を通さず、きっちり着ないのがおしゃれです。また、初夏のカーディガンは”ライトカラー”を選ぶと重たく見えず、失敗しません。

ほんのり体温をUP♡ 「カーディガン」の肩掛けスタイル

今年っぽくカーディガンをアレンジするなら、さっとシンプルに掛けるだけor掛けてゆるめに結ぶのがGOOD。結ぶ場合はキツく縛るのではなく、ラフに仕上げるのがこなれポイントです。

そのまま着るよりもカーディガンが目立ちにくく、アクセサリー感覚で使える点がメリット。定番色のほかにビビッドカラーなど、存在感のあるカラーでも楽しんでみて♪

エレガントに着られる「半袖ロングカーディガン」

通常はトップス感覚で使う「半袖カーディガン」ですが、ロング丈なら羽織りものとしてばっちり成立! 初夏に嬉しい半袖ながら、ゆったりとエレガントな印象をつくれます。

長袖カーディガンよりもカブり率が断然低いので、人とは違った着こなしを求めている方にもおすすめです。