2020.7.20
ファッション

ストライプ柄で「脱マジメ」。ラフに着崩す理想のコーデ集♪

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

ストライプ柄、と聞くとオフィスコーデをイメージするかもしれませんね。しかしラフに着崩すのが今年流! さらにはアイテム数が減り、あっさりしがちな夏スタイルを盛り上げてくれる嬉しい存在です。
今回は「ストライプ柄アイテム」で作る、大人の理想が詰まったカジュアルスタイルを4つご紹介します。

【ストライプのシャツ】オーバーサイズを着崩す

ストライプのシャツはジャストサイズで着るとオフィス感が漂いやすくなります。しかし、ややゆとりのあるシルエットを選ぶと、エレガントにならずに取り入れやすいんです!

スナップでは「ブルーのシャツ×ネイビーのパンツ」と上下の色味をブルー系で合わせることで、ストライプ柄が派手にならず、まとまりのいい仕上がりに。反対色のブラウンカーディガンが、好アクセントで効いていますね♥

【ストライプのシャツワンピース】アウターとして活用

ワンピースとしてはもちろん、ボタンを外してアウターに。そんなバリエーション豊富なシャツワンピースはとっても優秀なんです。

プレーンなトップスにストライプのシャツワンピースをざっくり羽織った着こなしは、こなれ感たっぷりでありながら、マネしやすそうなのも魅力的♥ おしゃれのポイントは、デニムはなくセンタープレス入りのパンツを選んでいること。カジュアルだけど上品な、鮮度の高い着こなしを確立しています。

【ストライプのタイトワンピース】スタイルアップを促進

薄着になることが増えて、体のパーツが目立ち始める夏。縦ラインを強調するストライプ柄はここでも見逃せません!

スナップのようなややタイトなワンピースなら、よりIラインが強まり美スタイルに仕上がります。ビビッドなバッグを添えればアクセントに。カゴバッグを投入して、夏らしく軽やかに仕上げるのも素敵です。

【ストライプのバッグ】主役に抜てき!

最後にご紹介するのは「ストライプ柄の旬バック」。モデルさんはTシャツ&デニムパンツの受け幅を存分に生かし、こなれ感たっぷりな休日ルックに仕上げています。キャッチーなアイテムを添えても大人顔になるのは、ストライプ柄のなせる業。

バッグの色数が多くてスタイリングしにくいと感じたら、ストライプのカラーを軸に服を選ぶと、簡単に統一感を出せますよ。

MAGASEEKでワンピース・ドレスをチェック