2020.7.27
ファッション

【肩掛けカーディガン】ノースリーブワンピースに似合うのは? 簡単&二の腕カバーできる5種類♪

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

ノースリーブワンピースの上からカーディガンを重ねたコーデ。日中気温が高くなると、暑くなってカーディガンを脱いでしまうことってありますよね。

脱いだカーディガンはそのままだとジャマな荷物になりますが、肩掛けすればスタイリングのアクセントに早変わり! 肩に掛けたカーディガンのボリュームで、露出した二の腕が目立ちにくくなる……という視覚効果も期待できそうです♪

今回は、ノースリーブのワンピースに似合う「肩掛けカーディガンのカンタンな着こなし方」をご紹介します!

【1】ボタンを留めて軽く結ぶだけ! 一番カンタンな肩掛けカーディガン

肩掛けカーディガンの一番カンタンなやり方は、「カーディガンのボタンを留めて袖を軽く結ぶ方法」。ボタンを留めることで後から見た時のシルエットが整い、中心に集まったボタンの重さでズリ落ちにくくなります。

ニット生地のカーディガンは滑りにくいので、袖は軽く一周結ぶだけでOKです。

【2】「広げた肩掛けカーディガン」で二の腕を目立たせない

40代の大人世代におすすめなのが、カーディガンを肩先に掛けるような着こなし方。広げた肩掛けカーディガンのボリュームで二の腕が視覚的にカバーされ、肌見せなノースリーブワンピースがグンと着こなしやすくなります。

【3】カーディガンをグッと手前に引き寄せて、二の腕をしっかりカバー

二の腕をもっとカバーしたい!という方におすすめなのが、カーディガンを手前にグッと引き寄せるような肩掛け方法。袖を結ぶ位置を調節するほか、ボタンを外して腕に掛けるようにすることでカーディガンが腕を隠し、二の腕を目立たせません。

【4】袖口を結ばず、そのまま袖を前に掛けるだけ

カーディガンの袖口を結ばず、袖をそのまま前に引っ掛けるようにする肩掛けのやり方も◎。コットンやリネンなど、ナチュラルな生地感のワンピースだとカーディガンの肩掛けが滑らず、しっかりキープできます。

【5】肩掛けカーディガンの片側をズラして、おしゃれなニュアンスをプラス

今っぽいニュアンスを楽しみたい時は、ゆるめに結んだ肩掛けカーディガンの片方をズラしてみて。いい感じに決まっているか、ズレすぎていないか、鏡があれば一度チェックしてみるのがおすすめです。

 

いかがでしたか?

テクニック不要でカンタンにできる肩掛けカーディガン。エアコンなどで肌寒さを感じたらささっと羽織れるので、気温変化が激しい夏にはぴったりです♪

ところで肩掛けで人気の「たすき掛け」ですが、ノースリーブワンピースの場合は難しめ。お出かけ先でサッと結ぶには難易度が高く、一つ間違えるとごちゃごちゃしてダサく見えてしまうことも。ご紹介したやり方の方が失敗は少ないはずです。

MAGASEEKでワンピース・ドレスをチェック