2020.9.12
ファッション

同じ服だけど違うコーデに見える! 手持ち服がよみがえる4つのバランス技

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

最近ブラックの服ばかり着ている。定番コーデにマンネリ化してきた……。これらは大人だからこその「あるある」ではないでしょうか。そこで今回は、手持ちアイテムで簡単にスタイリングを変化させる方法をご紹介!

コツは「ベーシック」と「攻め」のアイテムを、どう組み合わせるかということ。 それだけで見え方がガラリと変わるんです。#CBKモデルの着こなしとともに、組み合わせ方法を見ていきましょう。

【ベーシック×ベーシック】上下ベーシックは「服を着てから」がオシャレのスタート

上下のアイテムを「ベーシック×ベーシック」で組んだときは、服を着てからがオシャレの始まり! ちょっと地味かもと感じたら、スナップのようにカラーバッグや大ぶりのアクセサリーなど「攻め」のアイテムを点々と加えてみて。一気に洗練された印象に仕上がりますよ。

【ベーシック×攻め】「トレンドボトム」で簡単に旬スタイルを実現

次にご紹介するのは、トップスにベーシック服、ボトムスに柄物や色味の強い「攻めアイテム」を添えたMIXスタイル。2020年はカラーパンツやプリントスカートが人気なので、シンプルなトップスと組み合わせるだけで今っぽいスタイルが簡単に楽しめますよ。

スナップでは、ベーシックからはノースリーブトップスを、攻めアイテムからはチェック柄スカートを採用。ガーリーになりがちなチェック柄も、抽象的な大柄なら大人らしい印象に仕上がります。

【攻め×ベーシック】トップスにインパクトを持たせてもOK♪

「柄物をボトムに持ってくるとバランスが悪い」と感じる方は、攻めアイテムを上半身に取り入れてみて! スナップはトップスが攻めのティアードブラウス、ボトムにはベーシックなブラックパンツを任命。

またこちらの「攻め×ベーシック」のスタイルは、小柄さんにもおすすめ。視線が上がるため、低身長さんにマッチした攻めのスタイルが実現できますよ。

【攻め×攻め】上級者見えを狙ってみる!

最後は「攻め×攻め」のちょっぴり難易度の高い組み合わせをご紹介! スナップのようなカラーと柄のコンビネーションは、着ているだけでセンスのよさを感じさせます。

またコーデ幅を広げるには、上下に補色同士を合わせて着こなしにメリハリを付けたり、柄×柄でシンプルなワンツーに奥行きを出したりするのもテクニック。ワンランク上のオシャレが楽しめるはずです♥