2020.10.6
ファッション

クローゼットがすっきりする! 洋服の「隠す収納」のポイント

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

お家時間が増えたことで、収納を見直す方も多いのではないでしょうか。その中でもお悩みの多いジャンルが「洋服収納」。すっきりとしたお部屋づくりを目指すなら、避けては通れないのが洋服収納です。今回は、たくさんの服をすっきりと出し入れしやすく整える「隠す収納」のポイントをご紹介します。

洋服の隠す収納ポイント1:立てて収納する

隠す収納の代表格が「引き出し収納」です。衣類ケースなどにたたんで収納する場合は、洋服を本のように「立てる」ことを意識してみてください。たたむサイズや入れ方を統一すれば、美しく整った印象に。選びやすさだけでなく、しわにもなりにくいのもメリットです。

洋服の隠す収納ポイント2:カテゴリ分けしてハンギングする

どうしてもシワが気になるシャツや羽織りものは、クローゼットのハンガーにかけて収納します。この時気を付けたいのが、種類別に分けてからハンギングする(=ハンガーに吊るす)こと。パンツ・ブラウス・アウターなどをあらかじめカテゴリ分けしてから掛けていくと、探しやすく見た目も美しく仕上がります。

洋服の隠す収納ポイント3:クローゼット上段は使用頻度の低いモノを

使いづらいクローゼット上段の棚など高い位置は、シーズンオフの洋服や使用頻度の低いバッグなどの収納に。デッドスペースをつくらないよう、取っ手付きの収納ボックスや袋を活用すれば、奥行きを無駄にせずたっぷりと収めることができます。

このとき、収納グッズにラベリングしておくのが使いやすさのポイント。タグやラベルを取っ手部分に付けておくと一目瞭然です。

洋服の隠す収納は「デッドスペース」をつくらないのがポイントに

ディスプレイのように飾りながら収納する「見せる収納」は、余白を大切にするのが美しく見えるポイントです。それを叶えるためにも、隠す収納はできるだけ「デッドスペース」をつくらないことが大切になります。最近では、すき間を上手に使える収納グッズが多数展開されています。あなたもぜひ、クローゼットなどを整理するときには参考にしてみてくださいね。