2017.2.21
ファッション

同じスーツでいいの?『卒園式と入園式の服装の違い』を解説

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX
いよいよ子どもの卒園式や入園式のシーズンがやってきます。ママのみなさんの中には、「卒園式と入園式で同じセレモニースーツではダメなの?」と思う方も多いのではないでしょうか。知っているようで、実は判断が難しい!卒園式と入園式の服装の違いをご紹介します。

【卒園式と入園式の装いの違い①】 控えめカラーor明るめカラー

卒園式と入園式は、どちらも子どもの節目をお祝いするセレモニーの場。

式の意味合いは異なりますが、服装にはどんな変化をつければよいのでしょうか。

「セレモニースーツは、1セット持っていればOK!」
と思う方も多いですが、実はそうもいかないのです。

まず卒園式は、子どもの門出を祝す、かしこまった場。

厳粛なムードを壊さぬように、控えめカラーのセレモニースーツを選ぶことをオススメします。

一方、入園式はこれからの新生活を祝す、華やかな場。

ママもその雰囲気に合わせ、華やかな雰囲気を演出することが好ましいでしょう。

よって、明るいカラーのセレモニースーツを選ぶのが◎

上の写真のように、ネイビーやブラックベースのセレモニースーツは卒園式に。

下の写真のように、ベージュのセレモニースーツは入園式に、と覚えておけば間違いないでしょう。

【卒園式と入園式の装いの違い②】 コサージュもイメージで変化を!

先程ご紹介したように、卒園式と入園式では、好ましいスーツのカラーが異なります。

服装に華やかさをプラスしてくれるコサージュも、卒園式の際にはブラックやネイビーなどの控えめなカラーを選びましょう。

一方、入園式の時には、ベージュやピンクなどの明るいカラーのコサージュを選ぶことで、子どもの晴れやかなセレモニーの場に、華を添えることができますよ♡

【卒園式と入園式で押さえておきたいチェックポイント①】 足元はストッキング

3月下旬・4月上旬のセレモニーシーズンは、実はまだ気候の上では寒さの残る時期。

そうなると、足元をどうしたら良いのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

まだ寒さを感じるかもしれませんが、厚手のタイツは、重たいイメージになってしまうので基本的にはNGと考えておきましょう。

ヌードベージュのストッキングが理想ですが、卒園式の場合には、着こなしのバランスを考えて、ブラックのストッキングを選んでも良いですよ。

【卒園式と入園式で押さえておきたいチェックポイント②】 スリッパは必需品

卒園式はもちろん、入園式の場合も、参列者はスリッパや室内履きを用意する必要があります。

1足持っていると便利なのは、ブラックか濃紺のスリッパ。

最近ではヒール付きや巾着付きなど、様々なスリッパが登場しているので、お気に入りを見つけておきましょう♪

【卒園式と入園式で押さえておきたいチェックポイント③】 ヘアアレンジは優しいイメージに♡

セレモニーの時には、優しいイメージのヘアスタイルを心掛けましょう。

髪をまとめる際も、少しだけルーズさを意識すると、優しい雰囲気に仕上がります♡

セレモニーシーズンに大活躍♡準備しておきたいアイテム特集

これから迎えるセレモニーシーズン。

セレモニースーツなどは、ぎりぎりに揃えるのではなく、今からしっかりと準備しておきましょう♪

<リフレクト>セレモニーマルチコサージュ

¥4,104

<組曲>オーガンジー コサージュ

¥5,292

<スープ>フラワーリボンバレッタ

¥1,404

<ブラックギャラリー>パフスリーブジャケットと切替ワンピのアンサンブルスーツ

¥22,680

<ブラックギャラリー>ノーカラージャケットとアシメタックワンピのアンサンブルスーツ

¥22,680

<グローブ>トートバッグ付きリボンスリッパ

¥3,553

<ランバンオンブルー(レディスソックス)>着圧パンスト(M‐L)

¥756

▶︎入卒園スーツをもっと見る

卒園式と入園式の服装の違いをご紹介しました!お子さんの人数や年齢によっては、行事が重なってしまうこともあるでしょう。上手にアイテムを使い分けて、TPOをわきまえつつ、オシャレ感のある着こなしで参列したいですよね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です