2017.12.19
ファッション

大人だからこそ似合う♡ バリエーション豊富なピンクのカラー辞典

SHARE

CATEGORY ファッション MEDIA
INDEX

若い頃はなんだかピンクが苦手だったけど、大人になってからはやたらピンクが気になってしまう、そう感じている方はいませんか? ちょっと子供っぽくなりそうなピンクも大人が着るとちょうどいいかも……。そうなんです、実はピンクって大人だからこそバリエーションを楽しめるカラーなんです! 種類の豊富なピンクは、なりたいイメージに合わせて使い分けるのが大人流。そんなピンクのバリエーションをご紹介します♡

取り入れやすさNo.1の”ベージュピンク”は万能カラー

コーデになじみやすく、ピンク初心者さんでも一番簡単に取り入れられるのが”ベージュピンク”です! どんなカラーに合わせてもまとまりますが、甘さ控えめにしたいならデニムやダークカラーのアイテムを合わせてあげると大人っぽく仕上がります。

トレンド感重視なら”ラズベリーピンク”がイチオシ♪

今年っぽいトレンド感を出すためには、少し青みがかった濃いピンクがイチオシです。甘いピンクでもなく、きついレッドでもない……この絶妙なカラーは、今年ならではの色味。肌の白さを際立たせてくれる、美肌に嬉しいカラーでもあるんです♪

ちょっとカジュアルな雰囲気を足せる”モーヴピンク”

”モーヴピンク”はキャッチーで少し遊び心のあるカラー。ちょっとだけカジュアルさを出してくれるので、フェミニンなコーディネートでまとめても決めすぎない親しみやすさが生まれます♪ カジュアルスタイルに取り入れても相性が良く、実はとっても使いやすいカラーなんです!

淡い色合いで女っぽさMAXの”パウダーピンク”♡

淡い色合いが女っぽさを盛り上げる”パウダーピンク”は、ちょっとミステリアスさも兼ね備えたカラー。スナップのようにライトデニムに合わせてカジュアルに着たら、まるで少女のような雰囲気に。逆にダークカラーのマニッシュボトムを合わせると、モードな大人の女性風に仕上がります。

インパクトのある”ホットピンク”はポイント使いで♪

”ホットピンク”はピンクの中でも主張の強いカラー。小物や柄の一部など、ポイント使いがオシャレにまとまる秘訣です! こちらのスナップは、バッグとスカートの花柄、リップメイクをホットピンクで統一してまとめています。

落ち着いた色味が大人な印象の”サーモンピンク”

ピンクの中でも落ち着いた色味でナチュラルな雰囲気の”サーモンピンク”は、より大人っぽい印象に仕上がるカラー♪ 面積の広いアイテムでも難なく取り入れられて、暖かみのある着こなしになるので冬に使いやすいカラーのひとつです!